槐惟成法律事務所はビザ・難民申請・離婚・解雇・労災でお困りの外国人や雇用・夫婦親子関係・相続問題で困っている方への法律相談を行う東京都心の法律事務所

雇用・労災

解雇・労働条件切り下げ・労働災害など

労働者にとって、解雇・労働条件切り下げ・労働災害などは、一生の大事です。できるだけ早い時点で弁護士と相談することが将来に禍根を残さないために必須条件です。

外国人であっても、日本人と平等な労働条件を法律上保証されています。

労働基準法3条は、「使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない。」と規定しています。

ビザのことを常に念頭に置くことが必要

また、外国人は、就労に当たってビザのことを常に念頭に置く必要があります。就労が許されないビザの外国人は、就労の許可を入国管理局から得なければなりません。就労が許されるビザの外国人も、転職の時にはビザのことを念頭において対応する必要があります。さもないと、日本に住み続けることができなくなる危険があります。

外国人を積極的に雇用するように

更に、日本全体の活性化のためには外国人労働者の活躍が不可欠です。使用者が外国人を積極的に雇用するように強く希望したいと思います。外国人の雇用に当たっての留意点などを助言をしていきたいと思っています。