槐惟成法律事務所はビザ・難民申請・離婚・解雇・労災でお困りの外国人や雇用・夫婦親子関係・相続問題で困っている方への法律相談を行う東京都心の法律事務所

弁護士費用

弁護士報酬

相談料

法律相談をする場合に必要です。

法律相談料 1時間当たり1万500円〜4万2000円
※4万2000円は日本語でなく英語のみで純粋にビジネス問題を処理する場合など

※上記の料金には、消費税相当分を含んでいます。 なお、法律相談から引き続き訴訟・交渉等に発展した場合には、支払済の法律相談料を下記の着手金の一部とします。

着手金

事件を依頼するための費用です。
着手金は、一括払が原則ですが、事情により分割での入金でもお受けしております。
ローン、クレジットカードなどの信販会社の立替を受けることはできません。

対象となる経済的利益等が300万円以下の場合 8%×1.05円
300万円を超え3000万円以下の場合 (5%+9万円)×1.05円
3000万円を超え3億円以下の場合 (3%+69万円)×1.05円
3億円を超える場合 (2%+369万円)×1.05円

報酬金

依頼された事件で、一定の成果を上げたときに必要です。
報酬金は、一括払が原則ですが、事情により分割での入金でもお受けしております。
ローン、クレジットカードなどの信販会社の立替を受けることはできません。

確保した経済的利益等が300万円以下の場合 16%×1.05円
300万円を超え3000万円以下の場合 (10%+18万円)×1.05円
3000万円を超え3億円以下の場合 (6%+138万円)×1.05円
3億円を超える場合 (4%+738万円)×1.05円

※上記の料金には、消費税相当分を含んでいます。

※上の表は、訴訟についてのものです。交渉等の場合には、上記の料金より安くなります。
なお、訴訟の対象となる価格が算定不能の場合は原則として800万円として計算します。
 
上の表はあくまでも目安です。事案の難易、依頼者の経済状況によって増減させることがあります。

法テラスの援助

法テラスとは

正式名称は「日本司法支援センター」といい、総合法律支援法に基づき、独立行政法人の枠組みに従って設立されました。 経済的な理由で弁護士など法律の専門家に相談ができないときなどに利用できます。

法テラスを利用すると

法テラスを利用すると、法律相談は無料ですし、裁判を起こす時点では費用は掛かりません。 また、通訳代・翻訳代についても法テラスの援助を申請することができます。

法テラスを利用するには

収入額などについて、法テラス利用のための基準があります。 貴方の収入がその基準額を下回り、その他の法テラス利用のための条件を満たせば、法テラスを利用することができます。 その基準を満たしているかどうかについては、法テラスが審査します。
法テラスの利用の申込手続は、私がします。

弁護士紹介

【弁護士】槐 惟成 槐 惟成
第二東京弁護士会所属

>>プロフィール詳細へ